狭心症 カテーテル治療

カテーテル治療の行われ方

カテーテル治療はこのように行います

カテーテル治療の実施中は、血管内のX線撮影が必要なため、
カテーテル室という特殊な部屋で治療を行います。

 

カテーテル治療
局所麻酔をしたあと、
手首やひじの部分の動脈に針を刺してカテーテルを入れます。

 

X線装置で、血管内の操作のようすをモニターに映し出し、血管の位置を
確認しながらカテーテルを冠動脈まで進めていきます。

 

そこから、ガイドワイヤーという細い導線を病変部の先まで入れます。

 

このワイヤーを手掛かりに、バルーンをカテーテルの先端に取り付けて、
病変部に送り込みます。

 

バルーンが病変部に届いたら、内側から圧力をかけてバルーンをふくらませ
血管を広げます。

 

十分広がったら、バルーンをしぼませて引き抜きます。

 

ステントが必要な場合には、ステントをかぶせたバルーンを挿入し、
バルーンをふくらませたあと、ステントを残して、バルーンを抜きます。

治療メリット

この治療の最大の利点は、胸を切開する必要がなく、
全身麻酔が不要だというところです。

 

治療時間は重症度などにもよりますが、一般的には事前の検査や
麻酔などの時間を合わせて1時間程度、あまり痛みがないのもメリットです。

 

術後の安静時間も短く、多くの患者さんは当日から普通に歩けます。

 

なので、
カテーテル治療を行ったあとは、速やかに社会復帰することが可能。

 

ただし、
カテーテル治療は高度な病変や完全に血管がふさがっている場合には
たいへん細かく、根気のいる作業となります。

 

カテーテルやガイドワイヤーが冠動脈を傷つけ、
出血や閉塞をおこす危険性もないとはいえません。

 

心筋梗塞で緊急に行うカテーテル治療には、熟練したチーム医療が必要。

関連ページ

患者に合わせるステントのタイプ
狭心症のカテーテル治療で使うステントのタイプについて、わかりやすくまとめています。
ロータブレータやエキシマレーザー治療
狭心症のロータブレータやレーザー治療について、わかりやすくまとめています。

運動して、長生きしよう!

よく読まれている記事

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 狭心症の症状 狭心症の前兆 狭心症に気づいたら 日常生活の過ごし方