狭心症 旅行

旅行で気をつけること

旅行で気をつけること

旅行中に、発作があったら・・・と考えると行くことに不安に思うかたも
いるかもしれません。

 

ですが、医師に旅行に行っても大丈夫ですか?

 

と聞いて、大丈夫ですよ。
という返事がもらえたなら心配はいりません。

 

ただ、できるだけ減らせる負担は減らしたいと思いますね。

 

@荷物はできるだけ少なくして、重いものは持たないようにします。

 

A身体にムリのない、余裕を持ったスケジュールを計画します。
(ハードスケジュールはやめましょう)

 

B薬の説明書と狭心症手帳を持っていく

 

C特に海外旅行なら、薬を多めに持って、
主治医に英文の紹介状を書いてもらい、持っていく。

 

D温泉では、湯の温度に注意して、飲酒後の入浴はしない。

狭心症で飛行機に乗るのは?

私の母は、冠攣縮性狭心症ですが、
私に会いに飛行機にのっても大丈夫ですか?と先生に聞きました。

 

大丈夫ですよ。とのこと。

 

もしものときはニトロもありますしね。

 

それから、母は現在で、6回も飛行機に乗りましたが、
元気に国内旅行を楽しんでいます。

 

飛行機が苦手という人は、普通の人以上にドキドキしますから
血圧も上がりやすいと思うので、
心当たりのある人は、あらかじめ主治医に精神安定剤も
処方してもらって準備しておくと万全だと思います。

関連ページ

危険因子をチェックしてみましょう
自分はどの危険因子に該当しているのかチェックしてみましょう。
タバコを吸う人は今すぐ禁煙
狭心症になったらタバコは辞めた方がいいのはなぜ?
狭心症 セックスについて
狭心症になったらセックスはしても大丈夫なのかについて、わかりやすくまとめています。
食事の気の使い方
狭心症になったら食事療法は、どう気をつけるのか?について、わかりやすくまとめています。
運動は再発予防の決め手
再び狭心症にならないために、運動は決めてとなります。適度な運動量について、わかりやすくまとめています。
ストレスを減らす環境を整える
狭心症予防のために、ストレスを減らす環境を整えるにはどうするか、わかりやすくまとめています。

運動して、長生きしよう!

よく読まれている記事

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 狭心症の症状 狭心症の前兆 狭心症に気づいたら 日常生活の過ごし方