狭心症 症状

狭心症の症状について

狭心症の症状とは

狭心症の症状は、おもに胸の痛みが典型ですが、
違う部分にも痛みがでることがありますので、
注意しなければなりません。

 

よく見られる症状は、
胸がしめ付けられるような痛みや胸の圧迫感、
息苦しさや動悸(どうき)、胸が焼けつくような感じが起こったり

 

熱感や冷感として感じることもあります。

 

心筋梗塞のように急激な痛みではなく、
少しづつ痛みが強くなっていくのが特徴で、
狭心症による痛みを狭心痛(きょうしんつう)といいます。

 

狭心症の症状は長く続かず、
数秒〜5分程度、長くても10分ぐらいで収まります。
という記事をよくみかけますが、そこで安心はしないでください!

 

収まってから、またすぐに痛みだし、
10分くらいで収まりということを繰り返し、
合計30分以上は痛みに耐えた母の事例
もあることから、
痛みは1度で収まるものではなく、連続して起こる場合も。

 

狭心症の症状が長く続かない理由は、
心臓の冠動脈がふさがっているわけではないため
血流が完全に途絶えていないから。

 

血流が回復すれば症状はなくなるのです。

 

なので、もし症状が15分以上続くようなら、
冠動脈がふさがってしまって、
血流が途絶えてしまっていることも考えられ、
心筋梗塞の可能性が高くなります。

 

狭心症の症状には、
胸よりも少し離れた位置に痛みを感じることがありますが

 

歯(奥歯も) 左肩、左腕、みぞおち、のど、あご、背中、
などにまで痛みが走ることもあるそうで
これを放散痛(ほうさんつう)といいます。

放散痛とは?

病気の原因部位とは、離れた部位に現れる痛みのことをいいます。

 

放散痛の痛みはどんな感じかというと、
ズキズキとした痛みではなく、圧迫感、重苦しさ、のような感じです。

 

放散痛が起こることはまれだそうですが、
胸の痛みがないのに、放散痛だけ現れる人もいるため

 

「まれ」だから自分は大丈夫ではなく

 

症状の出方に違いがあることを認識して
胸が痛くないからと、
症状を見逃すことがないよう十分注意してください。

 

ということで、
狭心症の症状である胸の痛みを感じたら、

 

すぐに収まっても、
必ず病院(循環器内科)にいって検査を受けましょう。
治療は早いければ早いにこしたことはありません。

 

心筋梗塞になってしまうと、最悪の結果にもなりかねません。

 

狭心症は運動しているときだけでなく、
安静にしているときにも発作が起きるし、軽い動作で発作が起きます。

 

発作の回数が増えたりしたら要注意。
すぐに専門医にかけつけましょう。

狭心症の症状について記事一覧

狭心症とはどんな病気?

狭心症(きょうしんしょう)とは発作的に、胸の痛みや圧迫感などの症状を起こす心臓の病気です。自宅や外出先など、場所に関係なく突然、胸の周囲がチクチクしたり、ギューッと締め付けつけるような感じがあったら注意が必要です。発作の起こり方は原因によって違い6つに分類されます。労作性狭心症(ろうさせいきょうしん...

≫続きを読む

 

狭心症の発作時の痛み方

狭心症 発作時の痛み方は胸痛だけではないのです。狭心症や心筋梗塞の症状は共通の胸の痛みが典型的ではありますが、範囲を特定できないのが特徴です。以下の画像のように広い部分に痛みを感じる放散痛も現れるからです。歯は奥歯が痛いこともあります。●心筋梗塞の特有の症状●@息苦しい感じや呼吸困難がある A顔が蒼...

≫続きを読む

 

狭心症の症状がなくても心筋梗塞になりやすい

狭心症と心筋梗塞は、冠動脈による動脈硬化が原因の病気ですが必ず、狭心症に伴って心筋梗塞がおこるとは限りません。国立循環器センターの調査によると、心筋梗塞をおこした人の1/3は安定狭心症から、1/3は不安定狭心症からという2/3は狭心症からの移行ですが、残りの1/3は、狭心症の発作をおこしたことがなく...

≫続きを読む

 

狭心症の原因は動脈硬化

心筋梗塞、狭心症の原因は動脈硬化が最大の原因です。年をとると皮膚にシワやたるみができたり、髪が白くなったりしますが、目に見えない体の中の臓器や器官に血管も、加齢の影響を受けています。鉄が古くなると錆びるのと同じです。赤ちゃんの頃がもっとも血管の柔軟性に富んでいますが、年齢とともに外側の壁が厚く硬くな...

≫続きを読む

 

粥状動脈硬化症について

狭心症に深く関わるため問題視されている粥状動脈硬化症とは動脈の血管の壁に悪玉コレステロール(LDLコレステロール)が入り込み、お粥(おかゆ)のようなドロドロとした固まりである「粥腫(じゅくしゅ)」が発生してしまう動脈硬化のことをいいます。血管(動脈)は、内膜、中膜、外膜、の3つの層で構成され、粥状硬...

≫続きを読む

 

狭心症に関わる冠動脈

心臓が正常に働くためには、心臓自体に酸素や栄養が必要でその大切な役割を担当しているのが、「冠動脈」です。冠動脈は心臓のまわりに張り巡らされていて、左心室から大動脈へと送り出された血液の一部を取り込んでいます。冠動脈は、大動脈の根もとで左右に分かれ左冠動脈はさらに左前下行枝と左回線枝(かいせんし)に分...

≫続きを読む

 

運動して、長生きしよう!

よく読まれている記事

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 狭心症の症状 狭心症の前兆 狭心症に気づいたら 日常生活の過ごし方