安定狭心症

安定狭心症(あんていきょうしんしょう)

安定狭心症 (あんてい きょうしんしょう)とは

安定狭心症とは、労作時狭心症の一種で、数秒の短い発作が、
決まった時間や、同じ動作を行う度に起こる狭心症のこと。

 

いつも一定の範囲内で治まるものをいい、運動をして心臓に負担がかかると
胸痛が現れ、休んで心臓を落ち着かせると症状がなくなるものをいいます。

 

労作性狭心症の大部分が安定狭心症に属します。

 

安定狭心症は、表面が皮膜でおおわれていて、破れにくくなっている
粥腫(じゅくしゅ)が冠動脈の血流を妨げるため起こります。

 

粥腫(じゅくしゅ)が破れにくい状態だからといって安心はできません

 

定期的な検査は必要ですが、
急に心筋梗塞に移行する可能性は低いと考えられています。

 

いつ悪化するかわからない危険を伴っているということは
忘れないようにしてください。

 

※安定狭心症でも、新しい症状が出てきた場合には、
不安定狭心症に変わった可能性が高いので、調べ直してもらいましょう。

粥腫(じゅくしゅ)とは?

別名、アテロームやプラークとも呼ばれています。

 

冠動脈などの血管の内側の壁(血液が流れるところの壁)に、
コレステロールなどがこびりついて
脂肪などの物質と血中にあるマクロファージといわれる物質が
沈着したもの。

 

つまり、血管の内側にドロドロしたものがこびりついていて
それを粥腫(じゅくしゅ)といいます。

 

安定狭心症

 

この粥腫に、なんらかの圧力がかかったりすると破裂して、
その破裂したものに血中の血小板や血液などが付き、
血栓となります。

 

その血栓が血管につまったものが心筋梗塞です。

関連ページ

労作性狭心症(ろうさせい きょうしんしょう)
労作性狭心症(ろうさせい きょうしんしょう)の症状について詳しくまとめた情報です。
不安定狭心症(ふあんてい きょうしんしょう)
不安定狭心症についてわかりやすくまとめています。
増悪性狭心症(ぞうあくせい きょうしんしょう)
増悪性狭心症について、わかりやすくまとめています。
安静時狭心症(あんせいじ きょうしんしょう)
安静時狭心症について、わかりやすくまとめています。
冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせい きょうしんしょう)
冠攣縮性狭心症ついて、わかりやすくまとめています。
異型狭心症(いけい きょうしんしょう)
異型狭心症について、わかりやすくまとめています。

運動して、長生きしよう!

よく読まれている記事

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 狭心症の症状 狭心症の前兆 狭心症に気づいたら 日常生活の過ごし方