異型狭心症

異型狭心症(いけい きょうしんしょう)

異型狭心症(いけい きょうしんしょう)とは

異型狭心症とは、
何らかの原因で心臓の血管である冠動脈のけいれん(収縮)によって
ギューッと血管が一過性に縮んでしまうために生じる病気のこと。

 

副交感神経が優位となったときに、冠動脈が攣縮・狭窄するために
発生しやすくなります。

 

なので副交感神経が優位になりやすい夜間や明け方、安静時や就寝前など、
リラックスした状態の時に突然発作が起こることが多いのが特徴。

 

発作は15〜30分くらいで、発熱はありません。

 

動脈硬化などの異常が無いのに突発的に発症します。
原因ははっきりとわかりませんが、ストレスによるともいわれています。

 

せっかちな性格でストレスを感じやすい方は特に注意が必要です。

症状はどんなもの?

決まった時間帯や、決まったきっかけにより、胸が圧迫される、
締め付けられる、息が切れる、場合によっては喉のあたりの違和感、
肩の違和感などの症状が出現します。

 

朝方の決まった時間帯に出現するのが最も一般的ですが、
他にたばこを吸った時、お酒を飲んだ後にでる場合もあります。

関連ページ

労作性狭心症(ろうさせい きょうしんしょう)
労作性狭心症(ろうさせい きょうしんしょう)の症状について詳しくまとめた情報です。
安定狭心症(あんていきょうしんしょう)
安定狭心症についてわかりやすくまとめています。
不安定狭心症(ふあんてい きょうしんしょう)
不安定狭心症についてわかりやすくまとめています。
増悪性狭心症(ぞうあくせい きょうしんしょう)
増悪性狭心症について、わかりやすくまとめています。
安静時狭心症(あんせいじ きょうしんしょう)
安静時狭心症について、わかりやすくまとめています。
冠攣縮性狭心症(かんれんしゅくせい きょうしんしょう)
冠攣縮性狭心症ついて、わかりやすくまとめています。

運動して、長生きしよう!

よく読まれている記事

スポンサードリンク


ホーム RSS購読 サイトマップ
TOP 狭心症の症状 狭心症の前兆 狭心症に気づいたら 日常生活の過ごし方